誘導バナー

【修理方法についてお客様のご希望に沿った方法で本格修理をします!】

▼ 修理前

南陽市よりスバル・サンバーの修理依頼で入庫になりました。

車両保険に入ってないので自費での修理となります。
バンパーは中古を修理しました。
フロントパネルはボンネットが出なかったため、取り外しができず、交換レベルではありましたが、交換するにもフロントガラスを取り外したり内張を外したりで、大変なためさらに、自費という事もあり、何とか鈑金で対応しました。

<修理内容>
ボンネットパネル・・・・・・・・・・鈑金修理
フロントバンパー・・・・・・・・・・中古品交換

▼ 衝撃によりフロント部分にかなりダメージを受けたようです。
フロントバンパーの破損が酷いので中古品と交換することなりました。
フロントパネルは交換するにも作業が多すぎるため修理をすることとします。

▼ 中古品を取り寄せちょっとしたキズは補修をして塗装をします。

▼ フロントパネルのあちこちに錆がありましたので、そこは最新のUVパテを導入し、補修をしていきます。

▼ 補修個所は丁寧にサンディングで削って平滑に仕上げます。

▼ キズ部分は全てUVパテで補修をしていきました。

▼ UVパテは後々パテ痩せが全くなく、UV照射機でパテを1分照射で完全硬化します。
一般的なパテは自然硬化型、加熱乾燥型でパテの硬化までの待ち時間が無駄となっていましたが、紫外線(UV)硬化型にすることで硬化時間が1分と大幅に短縮でき作業時間の短縮にもつながる為、処理コストも低減できます。

▼ フロントバンパーは単体で塗装をします。
塗装は専用のブースで行いほこりの付着などを防止します。
塗装の前にはまず、サフェーサを塗布するところから始めます。
サフェーサを塗布することで防水・防錆の効果があります。

▼ フロントパネルも同様に下地処理の為のサフェーサを塗布します。

▼ 車を塗装ブースに移動してこれから塗装をしますが、その前に塗料がかかってはまずい部分を専用のシートでマスキングをします。
現車の色に合わせて当社のベテランの塗装職人により、塗料の配合を微調整をしながら調色をします。
配合が決まったら順次ベースカラーを塗布し、最後にトップコートとしてのクリア塗装をします。
クリア塗装をすることで、紫外線による塗料の劣化や対候性を増します。

▼ サイドパネルも同様に塗装作業を進めていきます。

▼ 塗装が完了したフロントバンパー、サイドパネルを建付けを確認して取り付けます。
その他の部品(ヘッドライト、エンブレム、ナンバープレート等)取り付けて完成です。

▼ あれほど酷かったダメージが何事もなかったかのように修理を完成させることが出来ました。

最後に洗車と車内清掃を済ませて引き渡しとなります。

———————————————————————————————-
お見積もりは無料!お気軽に0238-40-3006までご連絡ください。
当店までの道順はこちら!
修理したお客様の感想はこちら!
お車のキズヘコミ修理事例はこちら!
無料代車あり! 見積もり無料!

原敬車体工業
所在地  999-2243 山形県南陽市鍋田1865-1
電話  0238-40-3006
営業時間 AM8:30~PM5:30
定休日 日曜、祝祭日、第2/第4土曜日、GW、お盆休み、年末年始
※事前にご連絡頂ければ19時頃まで対応できます。
電話対応は21時までOKです!.