誘導バナー

【こすりキズを格安修理しました】

南陽市からご来店のお客様で、リヤバンパーの板金塗装修理の事例です。
バックをした時にバンパーを擦ってぶつけてしまったそうです。
市販の色を筆で塗ったりして一見カムフラージュすることはできますが、
修理専門店で直すとはっきりと違いが出てきます 😀 

今回は、白とゴールドの2色塗りのバンパーですが、傷跡はゴールドの部分のみでした。
お客様の希望もあり格安に修理をしました。

001

非常にうっすらとしたキズの場合だと、コンパウンドで磨いて取れることもあるのですが、今回の傷は深い部分や一部凹んでいる部分もあるため、ダブルアクション(回転する工具)に320番のペーパーを付けキズの毛羽立ちをならします。
この時に、バンパーの白色部分にキズを付けないようにマスキングテープを貼っておきます。

002
バンパーはプラスチックで出来ていて変形しやすいので、柔軟性のあるバンパー専用の粘土状のパテをつけます。
それを乾燥させ240番~320番のペーパーで順に形成していきます。

003
パテでの形成が終わった後、マスキングをしてサフェーサーを塗布します。
余計なところにサフェーサーの霧がかからないようにマスキングは必要です。

004
サフェーサーを乾燥させた後、ラッカーパテ(赤いパテ)をつけてペーパー足やパテの巣穴を埋めます。
これを400番のペーパーで研ぎ、もう一度サフェーサーをいれ800番のペーパーで最終の研ぎをします。

005
塗装する部分以外、紙でマスキングをし塗装する部分全体を荒いコンパウンドで足付けします。
足付けをすることによって、塗料の密着を良くします。

006
塗装が終わり、磨きます。
ゴミを2000番でとり、磨きは細目、極細目、仕上げ用と順にコンパウンドをかけて磨き上げます。
きれいに仕上がりました!

掃除、洗車をして納車します 😛 

———————————————————————————————-
お見積もりは無料!お気軽に0238-40-3006までご連絡ください。
当店までの道順はこちら!
修理したお客様の感想はこちら!
お車のキズヘコミ修理事例はこちら!
無料代車あり! 見積もり無料!

原敬車体工業
所在地  999-2243 山形県南陽市鍋田1865-1
電話  0238-40-3006
営業時間 AM8:30~PM5:30
定休日 日曜、祝祭日、第2土曜日、GW、お盆休み、年末年始
※事前にご連絡頂ければ19時頃まで対応できます。
電話対応は21時までOKです!.
———————————————————————————————-