誘導バナー

【大きな板金修理、おまかせください!!】

▼入庫時


米沢市より、ホンダ・N-BOXの修理のご依頼を承りました。

追突事故の被害に遭われました
保険修理対物扱いで修理させていただきます。

今回のような大きな鈑金修理ももちろんできますので、ご相談ください!(^^)/

<修理内容>
バックドア・・・・・・・交換
リアクォーター・・・・・交換
バックパネル・・・・・・交換
スペアタイヤ収納部・・・交換
内張り・・・・・・・・・交換

▼追突による衝撃で、かなりダメージを受けた箇所が多いです。
四角い枠で囲んでいる箇所はパネルが歪んでしまっています。

▼真横からみると、バックランプもずれてしまっています。

▼左サイドの様子です。右と同じ箇所に損傷があります。

▼リアバンパーを取り外した内側のバックパネルの様子です。
こちらも衝撃でへこみができています。
こういった追突事故の場合は内部骨格にまで影響があることが多いので、損傷を正確に把握する必要があります。

▼スペアタイヤ収納部には割れが生じていました。

▼トランクスペースの内張りも折れ曲がってしまっています。
衝撃の強さを物語っていますね。。

▼リアバンパーが歪み、タイヤの接地面に近づいた状態になっています。

▼まずは歪みを測定します。ボディのひずみをしっかりと修正しておかないと、歪んだままの走行は大変危険です。
様々な角度から引っ張り、正確に元の位置に戻るよう修正します。

▼フレーム修正が済んだら、取替を要するパネルを取り付けていきます。
タイヤ収納部のパネルを取り替えました。無塗装の状態で届くので、当社で塗装します。

▼バックドアとの間のパーツを取り付けていきます。矢印で示しているのはエンドパネルです。
こちらも後ほど塗装していきます。

▼下地処理をして、塗装が終わったところです。
しっかりと乾燥させます。


▼表には出ませんが、エンドパネルの塗装もきちんとしています。

 

▼リアクォーターパネルは左右どちらも交換です。
まずガラスや部品を取り外します。

▼新品のクォーターパネルです。

▼溶接を一つ一つはがしていき、パネルを取り外します。

▼新しいパネルを仮組付けし、隙間などを調整します。

▼パネル溶接後、継ぎ目をパテで埋めます。

▼パテを塗り、乾燥させます。乾燥して硬化したら、ペーパーで研いで平滑にします。

▼ホコリやゴミが付着しないよう、「塗装ブース」にて下地処理剤のサフェーサーを吹き付け、研磨します。新品のパネルにも下地処理を行い、塗装箇所周辺にはしっかりとマスキング(養生)しておきます。

▼塗料は当社で調色(色を作る)します。
隣接するパネルとの色の差が出ないように色を作るのには、熟練した技術が必要です!

▼両サイドのフェンダーを塗装しました。

▼リアクォーターパネル、バックパネルの塗装が終わり、しっかりと乾燥させました。

▼バックドア、リアバンパーをはじめ、その他の部品をすべて丁寧に取り付けました。
塗装面に付着した小さなブツ(ホコリなど)を取り除き、数種類のバフとコンパウンドを使い分け、ポリッシャーで仕上げ磨きをしました。

▼大がかりな修理でしたが、歪みもなく完成しました!
最後に洗車と車内清掃を済ませてお客様にお渡しします。

元通りの姿に、大変喜んで頂けました(^^)/


 

———————————————————————————————-
お見積もりは無料!お気軽に0238-40-3006までご連絡ください。
当店までの道順はこちら!
修理したお客様の感想はこちら!
お車のキズヘコミ修理事例はこちら!
無料代車あり! 見積もり無料!

原敬車体工業
所在地  999-2243 山形県南陽市鍋田1865-1
電話  0238-40-3006
営業時間 AM8:30~PM5:30
定休日 日曜、祝祭日、第2/第4土曜日、GW、お盆休み、年末年始
※事前にご連絡頂ければ19時頃まで対応できます。
電話対応は21時までOKです!.
———————————————————————————————-